健康とっておきレシピ

1人分
616kcal

今回の食材は…

カボチャ

おかずに良し!スイーツに良し!と秋の味覚の代表格。ビタミン類が豊富な緑黄色野菜としても人気ですが、デトックス作用が高いカリウムや腸のぜん動運動を促す不溶性の食物繊維も含まれているため、便秘に悩む方におすすめ。漢方では「脾を強くする食べ物」として、おなかや子宮の冷えに良いとされて、女性に嬉しい健康&美容食材です。

カボチャ
1人分
616kcal

今回の食材は…

カボチャ

カボチャ

おかずに良し!スイーツに良し!と秋の味覚の代表格。ビタミン類が豊富な緑黄色野菜としても人気ですが、デトックス作用が高いカリウムや腸のぜん動運動を促す不溶性の食物繊維も含まれているため、便秘に悩む方におすすめ。漢方では「脾を強くする食べ物」として、おなかや子宮の冷えに良いとされて、女性に嬉しい健康&美容食材です。

カラフルな緑黄色野菜で作るキーマカレーです。
カボチャを入れると甘味が増すので、
いつもより辛めのルウを選ぶのがおすすめです。

カボチャのキーマカレー

カボチャのキーマカレー
レシピを考案 管理栄養士 志水あい先生
カラフルな緑黄色野菜で作るキーマカレーです。
カボチャを入れると甘味が増すので、
いつもより辛めのルウを選ぶのがおすすめです。

カボチャのキーマカレー

[材料] 2人分

カボチャ
100g
ピーマン
1/2個
赤パプリカ
1/4個
たまねぎ
1/4個
☆合いびき肉
150g
☆おろしにんにく
小さじ1
オリーブオイル
大さじ1
200ml
カレールウ
2かけ
ごはん
300g

カボチャは1~2cm角に切る。ピーマン、赤パプリカ、たまねぎはみじん切りにする。

フライパンにオリーブオイルをひいて中火にかけ、【1】と【☆合いびき肉、おろしにんにく】を入れて軽く炒め、肉の色が変わったら水を加えてカボチャがやわらかくなるまで煮る。

【2】にカレールウを加え、水気がなくなるまで煮て、ごはんと一緒に皿に盛る。

~ワンポイントアドバイス~
スパイシーなカレーは、さまざまな食材と相性抜群! 味に特徴のある緑黄色野菜はとくに好相性です。水の代わりにトマトの水煮缶を入れると、さらに栄養価がUP。濃厚な味わいが楽しめます。
レシピを考案 管理栄養士 志水あい先生

「健康にまつわる正しい情報を提供する」をモットーに、 健康・美容関連の記事を執筆・監修。著書は『健康栄養レシピ辞典』 (エム・ビー ・カンパニー)。

PageTop