読むサプリ

正解は…

一般的に成人の体の水分量は平均して約60%ほどと言われています。

これらの水分は血液などで活用&働くことで生命活動を支えているため、体内の水分が急激に減少すると「熱中症」など体に悪影響を与えると考えられています。

体内の水分は私たちにとって必要不可欠なものですが、「汗」をかかなくても尿として約1,200、便で100、さらに吐く息に含まれる水蒸気として約400、皮膚から蒸発する量として約600と何もしなくても1日に2,300ミリリットルほどの水分が失われることがわかっています。
また体内の水分量は年々減少し、シニア世代は約50%にまで落ち込むことも!「失われた水分」を補うには「外から補う」ことが最も重要なため、「こまめな水分補給」を心がけていきましょう!

PageTop