読むサプリ

「ブルーライト」と言えば、パソコンやスマートフォンなどの電子機器から発せられる体に有害な光…というイメージが強いですが、実は太陽光にも含まれています。
可視光線(人間の目で見ることのできる光)の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持っていることから目への影響が懸念されていますが、それ以上に「体内時計」と大きな関わりがあると言われています。

私たちは昼間、太陽光に含まれているブルーライトを浴びることで睡眠ホルモンと言われる「メラトニン」の分泌が抑え、日中の活動をすることができますが、夜にパソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトを浴びてしまうと体が昼と勘違いし、メラトニンの分泌が抑制。夜になっても眠れなくなってしまい「体内時計」が狂ってしまうと考えられています。

「ブルーライト」イコール「悪」というわけでは決してありませんが、長時間浴び続けていたり、太陽が沈んだ後もスマートフォンなどから発せられるブルーライトを浴びていると「VDT症候群」や「不眠」につながることがあるので要注意です!

PageTop